スケジュール管理などに活用できるグループウェア

同じ職場であっても、労働者ごとに勤務時間帯や就業形態が大きく異なっている場合があります。

そのような職場では、労働者ごとのスケジュール管理や勤怠管理などが問題となる場合が存在します。



このような問題を解決する手段の一つとして、グループウェアの導入が行われています。

グループウェアを利用すれば、インターネットを介して労働者ごとに異なっているスケジュールなどを一括管理することができます。



リアルタイムでの更新が可能となるため、急な予定変更などの場合にも情報を共有化していくことが可能となります。
また、スケジュールが就業規則や法令などに適合するかどうかを自動で判断できる場合があるため、管理者側の負担を大きく減らすことができます。

さらに、グループウェアには、タイムレコーダーと同期する機能が備わっている場合もあります。

外出先から直帰する場合などに、携帯端末などからタイムカードを打刻することも可能なため、変則的な働き方にも安心して対応することが可能となっています。

タイムカードのデータもスケジュールと同様に一括管理することが可能となっているため、給与計算などを行う際にも速やかな処理ができるようになります。このように、グループウェアを導入して利用するようにすれば、労働者の働き方に合わせた形でスケジュール管理や勤怠管理などを行うことが可能です。


そのため、労働者の勤務時間帯や就業形態などが異なっている場合には、高い利用価値があります。