Skip to content

ネット証券を比較するポイント

2009年の大発会である1月5日の寄付き開始より、株式市場上場企業の株券完全電子化に伴い、それまで、発行株式として印刷されていた株券がコンピューター管理として電子管理化され、ペーパーレスとなりました。

それまで保有していた株券はすべて証券会社を通じ保管振替にて預かり、その後は証券会社にて電子的に取扱い管理が行われるようになりました。この株式電子化を機に一気にネット証券が市場参入し、今までの証券会社の顧客を奪う他、新規顧客の獲得に力を入れました。

電子化前のネット証券は、複雑なイメージがあり入力の誤りなどによるトラブルなどの懸念が非常に高かったのですが、電子化以降、一気に急成長したネット証券とネット環境から新たにインターネットトレードに取り組む人が多くなったことは間違いない事実です。

ただ、インターネットトレードで証券会社を選ぶ際に、個人投資家が最も高い注目点として挙げられるのが手数料です。一般の店舗型証券会社では、大手企業から地域密着型までありますが、手数料はネット証券に比べて高くなるため、ネット専業で行う会社を選ぶ人が多くなりました。証券会社の比較で最も注意していただきたいのが、手数料の安さのみに注目することです。

今後顧客獲得競争が激しくなると手数料を低くすることが想定されますが、収益率悪化に伴い、万が一企業が破綻した場合、株式は保管振替機構にて守られるも、買い付け余力金として口座に預けているお金はその時点で損失となってしまいます。ネット証券の比較でもっとも重要なことは、企業規模と情報量です。

証券会社は自己資本比率が低く、過去に経営破綻した企業はあり、顧客との間で大きなトラブルを引き起こしています。投資はリスクが伴う金融取扱商品ですので、インターネット専業の証券会社と店舗型証券会社の比較も含めて自分に合った証券会社を選ぶのが良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です