グループウェアを用いた事例

グループウェアは社内コミュニケーションの為に開発されたツールで、利用する事によって大幅な時間やコスト、人員の削減にルナがります。


その事例を記載しましょう。



まずは連絡手段に関する事例です。

wikipedia情報はこのサイトにおまかせ下さい。

グループウェアにはメールや電子掲示板機能が備わっており、直接連絡相手のもとを訪れなくとも、予定や業務内容に関する連絡を取り合う事が可能です。

しかも、通常のメールやインターネット上にある電子掲示板とは異なり、予め設定したメンバー以外の閲覧はできないようになっています。

それ故、外部の第三者が不用意に会社の機密に触れる心配もありません。

次は会議に関する事例です。

電子会議室という機能もグループウェアには備わっています。これによって、パソコン等の接続機器を持っていれば、指定の時間にアクセスするだけで、メンバーとリアルタイムで話し合いをすることが可能なのです。

もちろん会社にいても自宅にいても、そして移動中でも話し合いができますから、メンバーの都合をつけなければいけない点で大幅なコスト削減ができます。また実際にある会議室は、例え社内であっても予約が必要です。



その申請に掛かる手間を省ける点にもメリットがあります。


オンライン上で行う事ですから、会議室が使えないという事もありません。

電子会議室機能が無い場合でも、テレビ電話機能が備えられていたり、或いは両方を備えているグループウェアも存在します。
必要な資料も上述のメールと通じて送信するか、書庫機能を用いてグループウェアのサーバ上にアップロードしておき、メンバーに自由に閲覧、ダウンロードしてもらう事もできるのです。