料金不要のオープンソースなグループウェア

企業の事業効率を高める手段としては、新しいビジネスツールを取り入れるという方法があります。

仕事に便利なツールを利用すれば、それだけ仕事にとってもプラスに機能します。

しかし気になるのが、必要となる料金の点です。



事業に当てられる資金に限りがあるため、新しいビジネスツールを自由に選ぶというのは難しいです。
料金の負担なくグループウェアをオフィスに導入するための手段として、オープンソースのグループウェアを採用するという手があります。オープンソースのソフトウェアは、無料でツールが使う事ができるというだけでなく、ソフトウェアのプログラムに関しても公開されています。


そのため、グループウェアで改良したい部分があるなど、高度にカスタマイズを必要とするケースで役立ちます。



ただし、オープンソースのグループウェアは料金がかからないといっても、その利用には規約での使用制限があるケースもあり得ます。
そのため、オープンソースのグループウェアを業務に取り入れるにあたっては、定められている規約についてあらかじめよくチェックする事が確実です。

NAVERまとめの情報探しをお手伝い致します。

そうすれば、後に利用方法についてトラブルとなり、追加の費用が発生したり、あるいは権利者との間で紛争が生じるといった事態が避けられます。


また、使用において何らかのトラブルが生じた場合には、オープンソースのコードを確認して、トラブルの原因を特定し修正できる最低限の開発力についても、持ち合わせている事が望ましいです。